ランチタイム 切れると光る



◆ナポリで行う大イベントの時はいつも海沿い◆

Ciaooooo
ポーランドから戻っても、食べ続けでございます。
週末はイタリアの地産地消連合Coldirettiの大イベントがナポリで行われていました。
海沿いのルンゴマーレの一部、1.5Kmの道路にColdirettiの黄色いテントがいっぱいです。

Coldiretti (Confederazione Nazionale Coltivatori Diretti)
生産者から直接というような意味合いの言葉です。
1944年の創設ですので、70年以上の歴史ある団体で、
農業従事者が直接販売を行なう事を主軸に成長し続けています。

食の安全性はもはや、自分で考え、自分で自分を守る時代に入っています。
ですので、食材や原材料に敏感な人たちの間では知らない人はいないぐらい有名な団体です。
◆初の試み、Viallaggio Coldirettiはものすご~い人出でした◆

通常、各県ごとに、特定日に生産者が消費者に直接販売を行う、マーケットが行われており、イタリア在住の方はご存知の方も多いと思います。黄色のテントが目印。
いつもの週末マーケットと違い、今回は、そのマーケットの規模を越えた、
Villaggio Coldirettiがナポリで初めて行われたわけで、
400の物販スタンドに、600000人越えの来場者!
私は日曜の昼に行きましたが、すんごかったです。 
◆物販のスタンドも各地から来ており、被災地の物販スタンドも…◆

そして今回はシェフの料理が味わえるという企画でして、色々なお料理が屋外で調理され、味わう事が出来たんですよ。。 しかも…まさかの5ユーロで…ものすごいゴージャス気分。100%以上の大満足!
◆パスタVSリゾットでしたが、リゾットに決定!◆

まず、プリモはパスタかリゾット。パスタもリゾットも3種類から選べます。パスタはアマトリチャーナとか、トマトパスタであまりにもフツーだったので、断然リゾットに軍配。。
◆オープンクッキングで調理をしています◆

米の産地、ヴェローナ地方から来ているシェフが作るリゾット…
いやーん、本格的すぎる。。そもそもピザの都ナポリでは、リゾットは比較的ミニマムな扱いなので
リゾットのバリエーションがなさすぎます!なので、ウキウキで注文…
私たちはこのゴルゴンゾーラとアマローネの2種類を選びましたよ~
◆どちらも悶絶のおいしさです(゚゚゚д゚)!!◆

セコンドはちょっと失敗したのですが、炭火焼のお肉
あまりにしょぼく、しかも受け取った時、肉片が一個おちてしまい、少なかったのです
でも、サラミやチーズの盛り合わせ、イワシのフライ、ハンバーガー、鶏肉などなど、
選択肢が盛りだくさん!
◆焼いているときは期待感ありありでしたが、スクナカターーー◆

セコンドがちょと不完全燃焼だったので、ドルチェは気合を入れて…
◆ロバのミルクで作ったジェラート◆

んー、ちょっと薄味だけど、オイチーっしゅ。。。
先週行ってたポーランドのお菓子とパンがかなり不発弾だったので、少し体重落ちたかもぉ~
なので、イタリアのお菓子で体重もどちまーす。。
◆1ユーロ追加で払い、Wドルチェにしました◆

サルデニアのセアーダス(^▽^)/
こんなところでまさかのセアーダス。。超感激。。
チーズの塩味と、はちみつの甘さ絶妙のコンビネーション!!
うまいっす。。

ランチタイムはもう大満足でした!
食べるところがない!とか、オーガナイズが甘いとか、文句言っている人も多々いましたが、あなた、5ユーロですよ、文句言うな!って感じです。
◆チーズやサラミ、お野菜、果物など、なんでもあります◆

散々おやつを食べておきながら、サラミやチーズは太りそうだからなぁ~と思いつつ、
あっ、これ欲しい!と見つけたのがこちら…
◆はちみつやサンでビーポーレン発見◆

なんだか風邪とか、インフル対策に良さそうというイメージなので買ってみました。
科学的根拠はありませんが、病気に良いらしい(爆)です。

この他、バカでかい田舎パンなども購入~♪

三か月に1度ぐらい定期的に行ってほしい大イベントでした!
来年もやってくれるといいなぁ~

  年末年始!絶賛ご予約受付中 ホームページよりお問い合わせ下さい↓  

やっぱりランチタイムが好き


ひよこのサロンです
午前が終了移動して ランチタイムです
東京ステーションホテル中のレストランプライベート空間に仕切られております