こんなラブライブ!サンシャイン!!は嫌だ


コミックマーケットのジャンルコード

 > コミックマーケットのジャンルコード

関連項目[表示]

コミックマーケットのジャンルコードにおいては同人誌即売会のジャンルコードの一覧を示す。コミックマーケットでは事務処理の効率化をはかるため、出展を希望するを取り扱う頒布物のジャンルで分類している。サークルの出展位置や出展日はこのジャンルによって決定される。ジャンルの設定や分類は毎回、細かい変更や調整が加えられており、それらの変遷を追うことで、開催時に流行となった漫画・アニメ・ゲームといったサブカルチャーの潮流を知ることができる。

目次

ジャンルの設定

ジャンルの分け方は、を中心とするサークル(FC:ファンサークル)の場合は初めて世に出た(初出)作品ごとに分かれる。例えばであれば、掲載誌ごとの区切りで・・に分けられる。そして「」などその掲載作だけで多数のサークルが存在するものは雑誌単独のジャンルが作られ、さらに『』などその時期の流行によってサークル数が多くなった単独の作品でのジャンルが分置される。

また「初出作品を元に作られた作品」はジャンルが違えど同じカテゴリに入れるという原則が存在しており、これを間違えるとジャンルの不備として扱われ、落選させられこともある。例としては「アニメが初出」のを原作とする形でメディアミックス展開された、、を、それぞれのジャンルで(作品別に)取り扱わず、全て一律に「ガンダム」として取り扱う。

しかし、このように厳格に取り扱われるわけではなく、どの作品・題材をどのジャンルに入れるかは作品に申込サークルの傾向や参加者からのアンケート結果などにより、毎年のように細かいレベルで変更や調整が加えられている。コミックマーケット72(夏)を例に取ると、・などのの扱いに準じて「」ジャンルに含められていた・が、の流行などの理由により「ゲーム(その他)」の中に変更されている。

ジャンルごとの開催日やホール内の場所は、参加者の層(男女・年齢)が似かよっていると思われるジャンルが同じ開催日にまとめられ、ホール内の場所も近く配置されることが多いが、特定の場所に混雑が集中することを避けるため、全く違う傾向のジャンルが隣接することや、特定ジャンルの同日開催イベント(など)に配慮して配置されることもある。カタログなどでは「お目当てのサークル以外にもいろいろ回ってみよう」と、参加者が幅広いジャンルに触れることが推奨されている(もっとも、現実的には一人で全てのスペースを回ることは困難である)。

他の企業系同人イベントと異なり、現在はジャンルの区分が曖昧な「よろず」は存在しないことになっている。ただし、一部の大手サークルは、列整理の都合上、本来の申込ジャンルの他のサークルから離れた場所・日程に配置されることがあり、カタログでは便宜上「ノンジャンル」として案内されることがある(以前は「その他」の一部として案内していたが、「その他」は「よろず」ジャンルを意味しない。で後述)。「ノンジャンル」というコードが存在するわけではないので注意。

サークルの活動内容によっては、参加するジャンルを複数から選べることもある。たとえば、学校の・サークルは通常は「学漫」ジャンルでの申込になるが、創作少年漫画が活動の中心なら、「創作(少年)」ジャンルで申し込んでもかまわない。比較的無名のジャンルだと、複数のジャンルに散らばってサークルが配置されることも珍しくない。

以下に一覧を記述する。なお、毎回なんらかの変更が加えられており、これまで割り当てられていたジャンルコードの統廃合による消滅などもあるため、実際に参加などをする際には参加する回の申込書セットやカタログ、公式サイトで最新のジャンルコードと過去の「配置担当者より一言」を確認のこと。(なお、コミックマーケット75より全面的にジャンルコードが変更されている。)

ジャンルコード

マンガ

  • 創作() : オリジナル作品で少年漫画風のもの。風もこことなる。
  • 創作() : オリジナル作品で少女漫画風のもの。風もこことなる。
  • 創作(/) : オリジナル作品でを題材としたもの。男性向けコミックもここに配置される。
  • 学漫 : 学校の「漫画研究会」などの・サークルによる発行物。汎学校間組織であってもこのジャンルでの参加は可能であるが、学校名(汎学校間組織であればどういう立場で「学漫」に申し込むのか)がわからない場合、書類の不備となる。
  • ・情報 : 評論と名が付けばあらゆるジャンルを内包する。ただし、アニメ・ゲーム・特撮に関する評論は、それぞれのジャンルで申し込む必要がある。幅広い分野を内包する「コミケの縮図」とも言えるジャンルであり、コミケット以外に参加しないサークルの割合が群を抜いて高いため、ここをコミケットの醍醐味とする参加者も少なくない。自主企画または企業系同人イベントの主催もここに含まれ、サブジャンル「同人イベント」は企業名義でのサークル参加が唯一許されるジャンルでもある。もし、自分のジャンルが何処になるのかわからなければこのジャンルを選び「○○の評論」と付け加えれば無難である。なお、「その他」で申し込んだサークルは、過去の例では評論・情報に隣接、あるいは内包して配置されている。
  • FC(少年) : 少年漫画家・作品の(Fan Club)および、二次創作で少年漫画を題材としたもの。また、、、の作品については題材が違えどこちらに誘導している。また、『』『』『』の全作品はここに配置される。
    •  C32(1987夏) - C47(1994冬)(C45以降、魔法少女と統合)
    •  C91(2016冬) - :舞台版・実写ドラマ版が題材になっているものはここではなく「TV・映画・芸能」に分類される。
    •  C91(2016冬) -
    •  C91(2016冬) -
  • FC(少女) : 少女漫画家・作品のファンクラブおよび、二次創作で少女漫画を題材としたもの。FC(女性)のジャンルコードが存在しないため、女性漫画を題材としたものもこちらに含まれた。C91からは「FC(少女・青年)」に統合。
  • FC(青年) : 青年漫画家・作品のファンクラブおよび、二次創作で青年漫画を題材としたもの。やグループといった4コマ漫画も概ねこちらに配置される。C91からは「FC(少女・青年)」に統合。
  • FC(少女・青年) :FC(少女)とFC(青年)を統合したジャンルコード。C91(2016年冬)から使用開始。
    •  C77(2009冬) -
    •  C91(2016冬) - :FC(ジャンプその他)に誤って申込むことが多発したことから、独立した。その他の作品もここに含まれる。
  • FC() : もここに含まれていた。衰退に伴いC90で廃止され、C91より「FC(少年)」に統合。
    •  C67(2004夏) - C79(2010冬)
  • FC(ジャンプその他) : 単体コードがある作品を除いて、すべてのジャンプ系少年誌と青年誌では(統合前では)掲載作がこのジャンル。また、ジャンプではないが掲載作もこのジャンルになる。ただし、ジャンプ系青年誌のうち『』『』『』掲載作はFC(青年)として扱われる
    •  C32(1987夏) - C49(1995冬)
    •  C32(1987夏) - C57(1999冬)
    •  C45(1993冬) - C63(2002冬):やもここに含まれる。C57(1999冬)からはにコード名および番号を変更。
    •  C46(1994夏) - C63(2002冬)
    • FC(ジャンプ球技) : C64(2003夏) - C76(2009夏)・C85(2013冬) : SLAM DUNKのコードを解体するに当たり、当時サークル数は多いものの単体でコードを作るには至らない、を主な題材とした週刊少年ジャンプ掲載作を1つのジャンルとすることで成り立った。
    •  C59(2000冬) - C87(2014冬)
    •  C60(2001夏) - C87(2014冬)
    •  C63(2002冬) - C90(2016夏): が題材になっているものはここではなく「TV・映画・芸能」に分類される。
    •  C72(2007夏) - C90(2016夏)
    •  C72(2007夏) - C87(2014冬)
    •  C91(2016冬) -
    •  C91(2016冬) - :C83(2012冬)はの影響で頒布が規制された。
    •  C91(2016冬) -

ゲーム

  •  : オリジナル・二次創作問わず、、での頒布の場合このジャンルになる。同人ソフトを題材にした二次創作()もこのジャンルになる。
    •  C76(2009夏) -: サークル数の増大に伴い「同人ソフト」から分割された。東方Projectに関するありとあらゆる創作(同人ソフト、グッズ、イラスト、漫画、音楽アレンジ、コスプレなど)を扱う。
  • デジタル(その他) : ビデオ・CD・レコードなどの媒体頒布。やもこちらに入る。注意点として、JASRAC()管理楽曲のアレンジ・カバーを施した作品を頒布する場合は、日本音楽著作権協会への届出を行う必要がある
    •  C82(2012夏) -: コスプレ写真集やコスプレ用衣装・アクセサリーを頒布する場合、こちらに該当する。
  •  : もこのジャンルになる。
    • & C60(2001夏) - C85(2013冬): Leafのブランド元であるや、過去の経緯からの『同棲』、『』、『』も含まれる。また、『』もこのジャンルに含む。
    •  C68(2005夏) -: など、法人化以前の(同人作品として発表された)作品も「同人ソフト」からこちらに移された。
    •  C86(2014年夏) - : 正式名称は『艦隊これくしょん -艦これ-』。『東方Project』同様、サークル数の増大に伴い「オンラインゲーム」から分割された。なお、この作品はギャルゲーとしても解釈されるが、ソーシャルゲームのため「オンラインゲーム」として扱われる。
    •  C91(2016冬) - :は「ゲーム(恋愛)」→「ゲーム(ソーシャル女性向)」となるが、このジャンルでも申し込み可能。
    •  C91(2016冬) - :も含まれる。
  • ゲーム(その他) : やもこのジャンルになる。
    •  C48(1995夏) - C81(2011冬)
    • ゲーム(歴史) C73(2007冬) - C90(2016夏): ・などのシミュレーションゲーム、、といったアクションゲームなど、ジャンルは問わない。C90(2016夏)でゲーム(その他)に統合。
  • ゲーム(電源不要) : 、や『』や『』などの市販ボードゲーム、など。自主制作のそのものもこのジャンルになる。は含まれない。・・・・はC91(2016年冬)からこのジャンルに指定されている。
  • ゲーム(ネット・ソーシャル): C90までは「」だった。、、がこのカテゴリ。ただしC83(2012年冬)以降、関連のなどは「スクウェア・エニックス(RPG)」とされる。
    • (RPG) : C82(2012年夏)までは『』などは「オンラインゲーム」とされた。『』もこちらに含まれる。注意点として、『』シリーズや『』など、RPGではない作品はゲーム(その他)として扱われる。
  •  : 主になど女性向けのものを取り扱い、男性向けは「ギャルゲー」などになる。でも内容が女性向けの場合こちらに申し込むことが推奨されているが、サークル参加者が望む場合は同人ソフトで申し込むことも可能である。
    •  C89(2015冬) - : 『東方Project』『艦これ』同様、サークル数の増大に伴い「ゲーム(恋愛)」から分割された。
    • ゲーム(ソーシャル女性向) C93(2017冬) - :ソーシャルゲームのうち男性キャラ(男性アイドル等)中心など女性向けの作品はこちらで扱う。
      •  C91(2016冬) - :サークル数の増大に伴い「ゲーム(恋愛)」から分割された。

男性向


ラブライブ!サンシャイン!!セレブコレクション


 

文字数が4万字をオーバーしてしまったという事態を今後避けるために、

ここに今までのまとめを載せます。

そしてこのまとめ記事はニコニコ生放送で見た『ラブライブ!サンシャイン!!』を元に、

自分なりの考えや自分が見たものを言葉を変えて綴っています。

Aqoursの良さがもっと世に広まりますように・・・

 

第1話 #輝きたい!!

 

 

第2話 #転校生をつかまえろ!

 

 

第3話 #ファーストステップ

 

 

第4話 #ふたりのキモチ

 

 

第5話 #ヨハネ堕天

 

 

第6話 #PVを作ろう

 

 

第7話 #TOKYO

 

 

第8話 #くやしくないの?

パート1  

パート2 

 

 

第9話 #未熟DREAMER

 

 

第10話 #シャイ煮はじめました

 

 

第11話 #友情ヨーソロー

 

 

第12話 #はばたきのとき

 

 

第13話 #サンシャイン!!

 

 

更新はまちまちですが、これで終わりです。

もし、ラブライブサンシャイン!!の2期が始まっても、またこのようにして

ブログに綴っていくと思います。

 

Aqoursの夢が叶うことを祈って・・・