ウコン茶

ウコンは民間療法でもよく用いられる食材です。日本だけでなく、アジアの多くで重宝されています。飲みすぎや二日酔いに良いとよく使われるウコンですが、ダイエット茶としても優秀なのをご存知ですか。ウコンといえば肝臓に良いと思われると思いますが、それだけではありません。この肝臓に良いとされる成分はクルクミンと呼ばれる成分です。ウコンの色素成分でもあります。肝臓の働きを助け、胆汁の分泌を促します。そのため、血中の脂肪やコレステロールを減らし、脂肪を分解する働きがあります。また、アルコールに良いといわれるのは、酒を分解する働きもあるからです。私も何回ウコンに助けられたかわかりません。アルコールによる二日酔いや飲みすぎを予防する場合は、飲んだあとよりも飲む前にウコンを摂るほうが効果的です。肝臓にだけ効果的なのではありません。血液をきれいに保ったり、抗酸化作用もあります。このため、ガン予防や動脈硬化の予防にもなります。また、緑茶やウーロン茶などで問題であったカフェインですが、ウコン茶には含まれていないので、幼い子供や妊娠中の方にも安心して飲むことができるのも魅力のひとつです。妊娠中にダイエットはよくないですが、産後のダイエットも気になるところですので、ダイエット茶としては効果的です。また、クルクミンは活性酸素を取り除く効果もあります。この活性酸素は生活習慣病や老化の原因となります。そのため、ウコン茶はアンチエイジングとしても効果があります。ウコン茶にすることでカルシウムなどのミネラルも豊富になります。そのため健康にも良く、美肌効果にも良いです。

コメントは受け付けていません。