バレエ型のエクササイズ

それではダイエット茶と併用するバレエの動きを取り入れたエクササイズについてご紹介していきましょう。ここでは2つの動きをご紹介します。先ほども少し説明しましたが、バレエエクササイズをするときに注意することが何点かあります。それは自然な呼吸を意識すること。ダイエット茶と併用する有酸素運動なわけですから、酸素を十分に使った運動である必要があります。キツイ体勢だと思っても、呼吸は自然に行いましょう。そして無理はしないこと。体が硬いのに無理に維持しようとすれば反対に体に負担がかかります。徐々にできるようになっていけばよいのです。そして動かす体の部位それぞれを意識すること。呼吸を意識するのと同様に曲げている腕や関節、伸びている箇所などを意識することが大切です。それではまず一つ目の動きに入りましょう。まずはウエストを引き締め、腹筋を使うエクササイズです。仰向けに横になり、両腕はまっすぐ伸ばした状態にします。このとき、足の先と手の先にまでをピンと伸ばし、神経を先まで集中させましょう。そうしたら、どちらか片方の足を90度に曲げ持ち上げます。それと同時にもう片方の足は45度くらいの角度まで持ち上げます。このときも足先にまで神経を集中させ、ピンと伸ばします。美しい形を意識しましょう。そしてそのままの状態で90度に曲げたほうの足をもう片方の足のほうへぐっと持っていきます。このとき、足だけでなく、お腹から持っていくことを意識してください。このとき、顔はそれとは反対の方向を向くようツイストさせます。この体勢を辛さに応じて5秒、または10秒キープさせましょう。これを5セット両足とも行いましょう。最後に股関節を柔らかくするエクササイズです。バレエといえば美しい開脚が特徴的です。しかし体の硬い人がいきなりそんなことは無理なので美しい姿を意識して行いましょう。続けることでできるようになるので大丈夫です。まず背筋を伸ばして座りましょう。そして両足をできる限り広げます。このときも足先にまで神経を集中させピンとはりましょう。なるべく膝は曲がらないようにしましょう。そうしたら上半身を前に倒していきます。少し痛いなと思うくらいのところで止め、20秒間静止します。これを3セット行いましょう。このときも背筋がピンとなるよう意識し、そのままの状態で倒れます。膝も曲がらないように注意しましょう。

コメントは受け付けていません。